FrontPage

国家一覧

アンゴラ帝国 (Angola)

国旗
Angora5.jpg
人口2616万人
面積1140万km2
体制立憲君主制
公用語バントゥー語
皇帝チェルニア二世
建国605期
民族オヴィンブンド人37%
キンブンドゥ人25%
バコンゴ人13%
ムラート5%
その他少数民族20%
宗教キリスト教42%
その他宗教58%

目次


経済

通貨

  • 通貨単位  ¢ (リュー)
  • レート 1Nu=10¢
  • 発行紙幣 10000¢ 5000¢ 3000¢ 1000¢
  • 発行貨幣 500¢ 200¢ 100¢ 50¢ 10¢ 5¢ 1¢

産業

  • 集積型産業が発達しているが、少子高齢化が進み、人口の減少が大きな社会問題となっている。

地理

アフリカ大陸の大西洋側に位置し、国土の大半が1200〜2000メートルの高原である。また、本土北方には赤道ヴァンバータニアを挟み飛び地のカビンダがある。

主要都市

帝都 ルアンダ (Luanda) 

帝国最大の港湾都市である。

  • 人口520万人

・セントヘレナ

大西洋上の島。かつてヨーロッパ方面で覇を唱えた人物が流刑された地で、観光業が盛ん。

  • 人口251万人

・カビンダ

本土北方の飛び地。 石油が産出され、経済的に豊か。

  • 人口235万人

・ロビト

港が砂州によって保護されており、深い水深をもつ良質な天然港湾都市。帝国海軍の主要拠点である。

  • 人口451万人

・ファンボ

首都ルアンダから南東600キロの内陸の高原都市。国内最大規模の採掘場があり、鉱物資源の金、ダイヤモンド等が多く輸出されている。過疎化が進んでいる。

  • 人口82万人

国内情勢

モザンピークを拠点にしているとみられる、アンゴラ開放戦線と名乗るテロ組織が存在するが、最近は活動が鈍化している。しかし、同組織は機会を伺っているだけという見方もあり、今後も警戒が必要である。

国内を混乱に陥れたハッカー(兼アンゴラ開放戦線指導者)は、ルパンのような手並みで刑務所から消え失せた。警察は全力で捜査を続けている。


国外情勢

アンゴラ帝国及び赤道ヴァンバータニア間の相互不可侵、友好等に関する条約

アンゴラ帝国及びデンマーク帝国間の通商、友好等に関する条約

『-パナマ運河通行許可証-』を2066期に取得

AA(アフリカ-アンゴラ)支援法


要人一覧

チェルニア3世

アンゴラ及びセントヘレナ両方の正帝である

プラント16世

副帝。副帝領はアンゴラである

ガイウス7世

副帝。副帝領はセントヘレナである


軍事力

  • 陸軍 56万人
  • 空軍 3万人 プロペラ機が1人当たり3機配備されている 無人プロペラ戦闘機団を1200機配備
  • 海軍 25万人

添付ファイル: fileAngora5.jpg 192件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-23 (土) 11:43:08 (4126d)