FrontPage

国名

クロウ自治州


目次


設定

国旗 
国の標語我らが主が戻るまで
国歌戻るべき地
公用語クロウ語
国家元首メラトハ・クリアレス議長
首都メザハヴィル
最大都市メザハヴィル
面積 
総人口 
公式略称クロウ
英語国名Crowe Region
通貨デヴォズ(Dv)

国名

クロウの由来には諸説があり、
以下に代表的な二つの説を書いておく。
・クロウ大公一族が治めていたから。
・大昔、火山活動により突き出た岩が爪(claw)に見えたから。


国歌


歴史

元々、この地はクロウ公国としてクロウ大公一族による、絶対君主制の国であった。だが6代目レカイル・クロウ大公の時代、共産の過激派によるクーデターにより、大公一族は国外逃亡。このクーデターは4月7日に起こった為、「4.7革命」と言われている。だが共産の過激派が、反対派の虐殺、言論の規制などの弾圧的政治を行った為、住民の反乱を引き起こし、当時の過激派の長メッソル・ルーベンが処刑され過激派による政権は崩れた。これを「共産崩壊事件」と言う。この混乱に乗じた他国の侵攻により、国は自治州となった。だが住民の独立運動により独立を回復。共和制による政治を進めているが、国民は大公一族が戻らねば国とはいえないとし、立憲君主制か絶対君主制による政治を希望。クロウ議会の議長、メラトハ・クリアレス議長はこの願いを聞き入れ、大公一族が戻るまで国名を自治州のままとするとし、現在に至る。

  • 関連する歴史項目

政治

元々はクロウ大公一族による立憲君主制であるが、
現在大公一族が行方不明の為、国会の議長が国の長としての仕事を行っている。


外交

  • 所属組織・締結条約

経済


代表的な都市


住民

クロウ人95%
その他5%
・名も無き地
クロウ人50%
先住民50%
 メイフェス族36%
 アルデヴィア族11%
 フェパヴォリディア族3%


文化


軍事


外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-23 (金) 17:22:29 (3521d)