FrontPage

大アメリカ連邦条約

前文
我らアメリカ大陸諸国は幾度にも渡る戦火を乗り越え、互いに切磋琢磨し独自の社会を構築してきた。
そして大陸諸国の連携が頂点に達した今、ここにアメリカ大陸の結束の集大成として大アメリカ連邦の結成を宣言する。

第一条 本条約はアメリカ大陸諸国による大連邦構成条約である。
第二条 本条約を批准する主権国家は連邦構成主体と定義される。
第三条 連邦構成主体は連邦最高評議会の下、全て対等の立場とされる。
第四条 連邦構成主体は以下の権利および義務を有す
・連邦最高評議会に代表を送り、発言・投票する権利
・連邦最高評議会議長国に立候補する権利
・連邦最高評議会決定に基づき、集団安全保障に参加する義務
・各連邦構成主体間の積極的な情報交換
第五条 各連邦構成主体に対する攻撃は大連邦全体に対する攻撃とみなし、宣戦布告が行われると同時に全連邦が戦争状態に入ることを定義する。
第六条 連邦最高評議会は全連邦の外交を統括し、ここで結ばれた条約は全連邦において適用される。
第七条 宣戦布告は連邦最高評議会名義でのみ提出することができる。
第八条 連邦の加盟および脱退は自由である。その場合、加盟・脱退の意思を明文化したものを連邦最高評議会に提出し、連邦最高評議会の過半数賛成によってこれを承認するものとする。
第九条 本条約改定は連邦最高評議会の全会一致でのみ行われる。

全アメリカ諸国のために;

大アメリカ連邦ブラジリア共和国
大アメリカ連邦スノーランド共和国
大アメリカ連邦ルゥシア人民同盟
大アメリカ連邦アルゼンチン

  • 連邦旗
    アメリカ連邦旗.png

添付ファイル: fileアメリカ連邦旗.png 90件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-24 (日) 12:17:52 (4128d)