FrontPage

国名

兵士・労働者のアタマン共和国


目次


設定

国旗 
国の標語平等と破壊そして革命 
国歌偉大なる草原の大地 
公用語 
国家元首ミハイル・D・シュガルネンコ アタマン  
大統領ヴァシリ・D・ナルチェンコ大統領  
首都キーフ 
最大都市キーフ 
面積 
総人口 
公式略称 
英語国名
通貨 

国名

国名の正式名称は「兵士・労働者・農民・革新的知識人のための怒りの戦線」である。


国歌


歴史

空白の八年の間にて各自でバラバラとなっていた、各国の貴重な兵力として存在していた自由族が、自由族による自由族為の国家「ラーテ人民共和国」が建国された。第一党に自由族共産党が君臨し悲惨な内ゲバや民衆弾圧などを繰り広げた。 これに激怒した共和国アタマン(ラーテ人民共和国建国によって確立した共和国アタマン会議にて選出される自由族の族長)率いる反共勢力「兵士・労働者・農民・知識人の怒りの戦線」を引き入りクーデターを起こす、所謂黒色クーデターである。 このクーデターにより共産党首脳部は国外逃亡を図り結果クーデターは成功共和国アタマンは「兵士・労働者・農民・知識人の為の怒りの戦線」として再出発した。 しかし第二次社会主義革命という名の下に共和国アタマンは国民に圧政をひき、行政、立法、司法を唯一の政党「怒りの戦線」とアタマン会議が掌握した。

  • 関連する歴史項目

政治

ラーテ評議会を有する、これを立法の最高機関としている。また行政は戦線評議会、国家元首はナルチェンコ共和国大統領となっている。 ガしかしこれは表向きな面であり事実上の最高指導者は「アタマン」とよばれる同国の多数派民族「自由族」の最高指導者である。五年に一回のアタマン会議と言われる会議でアタマンが選出されることとなっているが形骸化し、シュガルネンコ一族が支配してる。 また「怒りの戦線」党と言われるアタマンの傀儡政党が同国の唯一の政党であり一党独裁体制をひいている。


外交

  • 所属組織・締結条約

経済


代表的な都市


住民


文化


軍事


外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-03 (土) 14:29:52 (3538d)